title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IE8の次期リリースとIEチームのコメント

IE8のβ版を2008年前半にリリースする予定であるとMicrosoftが公表した。

また、IE8について関係者が語っている。
 IEチームは標準モードのIE 8が「Acid2 Browser Test」を正しくレンダリングできるようになったことを明らかにし、これを公式ブログで「マイルストーン」としている。このテストは、ブラウザが複数のWeb標準にどのくらい対応しているかを測るものだ。


 「Acid2ページを正しく表示できるのは、標準に準拠していることを示すいい指標だ。だがAcid2自体はWeb標準やWeb標準準拠テストではない。このテストを提供しているWeb Standards ProjectはWeb標準策定団体ではなく、支持団体だ」とIEチームのジェネラルマネジャー、ディーン・ハカモビッチ氏はブログで述べている。

 真の業界標準、デファクトスタンダード、オープン標準など多くの種類のWeb標準があることを認めつつ、ハカモビッチ氏はIE 8の重要な目的は、開発者がブラウザごとに同じサイトを何度も書かなくてもいいように、相互運用性を確立することだと語っている。

このような記事も

 今回の発表は、Microsoftが独禁法に違反したとする最近のOperaの申し立てにも関連する。Operaは、Microsoftは一般的なWeb標準に従う必要があると主張していた。「今回の発表で、Operaの申し立ては非常に弱くなる。明らかに、Microsoftは多数の最近のWeb標準をサポートすることに尽力している」とスウェンソン氏は指摘する。

しかし今までMicrosoftがやってきたことは許されることではないと思う。独占禁止法に違反し、Webブラウザの独占を行ってきた。そのせいでIEでないと開けないページが多い。これはOperaを使っている私にとって面倒な問題だ。

IE8が今現在よりどれほど進化して、使いやすくなったとしても、ほかのブラウザ以下ということは十分にあり得るし現行のブラウザ以下ということもあり得る。たぶんIE8が出てもIEでしか開かないページを表示するときぐらいしか使わないと思う。

Operaの申し立ての通りユーザーは与えられたブラウザを使用するわけではなく自分で選択し使用する必要がある。その道をMicrosoftは狭めている。

関連リンク
ITmedia(沈黙を破ったIEチーム、IE 8を語る)
ITmedia(Opera、「MSが独禁法違反」と欧州委員会に申し立て)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/116-718609dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。