title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「僕が死んだら...」

タイトルは遺書でもなんでもありませんが今回紹介するソフトはその名も「僕が死んだら...」というソフトを紹介します。

誰だって人に見られたくないファイルの一つや二つあります。でもいつ事故にあうかもしれない危険を背負って生きています。もし自分が急な事故で死んでしまったら…自分では見られたくないファイルを削除することはできません。そんなときに使うのが「僕が死んだら...」です。

「僕が死んだら...」は自分が何らかの事故などで死亡したとき人には見せたくないファイルを完全に削除するソフト。どんな感じなのかというと以下を読んでください。
 自分が事故に遭い死亡するような不測の事態が起こったあと、人には見せたくないプライベートなファイルを完全削除するソフト。PCが一定期間使用されないと自動で削除するといった方式ではなく、遺された家族など自分の死後にPCを使用する人間に起動させる仕組み。すなわち目にとまりやすいデスクトップショートカットを作成しておき、もしもの場合の家族へ宛てたメッセージを表示するソフトとして振る舞う。暗号化メッセージの“解読中”を装いながらバックグラウンドで削除処理を行うため、事前に指定した対象ファイルが大量にあっても、削除が行われていること自体を相手に悟られにくいのがうれしい。また、削除したファイルをファイル復旧ソフトなどで復旧されないよう、ファイル名のランダム変更やデータの上書きを行って削除する設定も可能。もちろん削除処理が終わると自動で開くファイルをあらかじめ指定できるので、家族へのメッセージを書いた文書ファイルなどを指定しておくといいだろう。窓の杜より

つまり自分が死んだあと遺族が遺品を整理する際PCを起動したときに重要なメッセージを表示するのを偽装して見られたくないファイルを削除するということです。

問題点として遺族がデスクトップのショートカットを起動しない可能性もありますし(ほとんどは気になって起動すると思うが)このソフト自体を知っていた場合好奇心によりファイルを探られてしまうかもしれません。しかし違和感なく巧妙に作られています。ほとんどの遺族は起動し見られたくないファイルを削除するでしょう。

導入方法は続きを読むから

導入方法と使い方

1.僕が死んだら...からダウンロードしてください。

2.ダウンロードしたファイルを解凍しフォルダ内のWhenIdie.exeを実行します。

3.利用するを選択すると下のような画面が表示されるのでそれに従います。


ステップ1:ここに見られたくないファイルフォルダをD&Dで登録します。
ステップ2:ここに遺族に表示するメッセージが書いてあるファイルを登録します。Wordとかメモ帳で開けるファイルがよいでしょう。
ステップ3:生成をクリックするとデスクトップにリンクが生成されます。
※設定→オプションより削除の仕方を変更でき、通常の削除からデータ復旧ソフトでも復元が難しい削除まで設定することができます。

遺族が実行したときはこんな感じ


削除中です
このあと実行時に開くファイルが表示されます。

これで自分がいつ死んでも安心ですね。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/120-0e3cc007
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。