title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国内初、ウイルス作者逮捕

 コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、京都府警は1月24日、アニメ「CLANNAD」の静止画入りウイルスを権利者に無断で作成し、「Winny」を通じて送信できる状態にしていたとして、著作権法違反(公衆送信権侵害)の疑いで、大阪府泉佐野市の大学院生の男(24)を逮捕した。ITmadiaより
とのことです。
 ウイルス作者の逮捕は国内初。ウイルス作成を直接処罰する法律は国内になく、著作権法違反を適用した。
ということでウイルスを作ったから逮捕ということではないようです。

ちなみにウイルスはWinnyなどを経由して感染する原田ウイルスの亜種で、専用のソフトを使えばだれでも簡単に亜種を作ることができるそうです。

関連リンク
GIGAZINE

今回の逮捕は「Winny」が原因の「著作権法違反」で「逮捕」した。ということを印象付けるための逮捕ではないかと思います。それによりWinny利用者=悪という構図を作りたかったのでしょう。

Winnyの製作者が数年前に逮捕されましたが、それはおかしな話だと私は思います。ファイルをユーザーの間で交換したりするためのソフトです。それを使って違法行為をしたとしても責任が問われるのは制作者ではなく間違いなくユーザーでしょう。刃物を作っている人(会社)は逮捕されますか?振り込め詐欺で利用される電話、電話会社は法に裁かれますか?そんなことはありません。これらはすべて使う人の責任なのです。

今回逮捕された大学院生は「スケープゴート」にされたと言っても良いでしょう。アニメの画像を使用した(誰でもアクセスできる状態にした)から逮捕されるのは普通に考えておかしいでしょう。なぜなら今のネット社会にはWinnyよりもアクセスしやすい画像掲示板等が無数にあります。そちらのほうが重要ではないでしょうか。

コンピュータソフトウェア著作権協会はこれをきっかけに(踏み台にして)Winnyの利用をやめるように呼びかけているみたいです。半分脅しのようなこの態度、はたしてWinnyユーザーは減少するのでしょうか。(たぶん減少しないでしょう)

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/154-68f3fde4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。