title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダウンロード違法化について

このブログでも何回か紹介してきました。
ネットユーザー団体「MIAU」設立
ダウンロード違法化不可避へ

最近このダウンロード違法化の問題点などをまとめた動画がニコニコ動画に投稿された。

この動画はダウンロード違法化の背景、問題点、適用されたらどうなるかといったものが紹介されている。
簡潔にまとめると
1.アメリカでの事例
ダウンロードが違法のアメリカで起こった問題、無関係な人が訴訟されるケースが問題となっている。(ある団体(日本ではJASRACか)が手当たり次第に訴訟しているらしい。目的は勝訴ではなく和解金のようだ)

2.日本ではどうなるか
1を踏まえた上で日本ではどうなるか日本でも同様のことが起こるかもしれない。

3.ダウンロード違法化は違法ダウンロードを後押しする
例えばニコニコ動画ではキャッシュから保存する方法がある。これらが一般的になり増加する可能性がある。

4.ニコニコが見れなくなる(我々のネット生活に支障が出る)
ニコニコ動画だけでなく他のいろいろなサイトもむやみやたらに見れなくなる。(違法だから)
その理由についても言及している。

5.突っ込み処
突っ込みどころとして適法マークが挙げられている。すべてのサイトに張り付けるのは不可能、もしかしたらこのブログも見れなくなるかもしれない。違法サイトの件についても同様で何を持って違法とするのかわからない。

6.マスコミの問題
テレビでこの問題を見たことがあるだろうか。アメリカからの年次改革要望書が全文公表されることはないからである。
ネットでは話題になるがテレビでは出ない→多くの人が知らない→そのうちにダウンロード違法化が成立する可能性がある。

7.ダウンロード違法化を阻止するにあたり
多くの人に知ってもらうため、この問題を広める必要がある。

最後にこの動画のまとめが載っている。

YouTubeにもアップされていました。
その1
その2
その3
この動画で紹介されている未来は決して訪れないものではありません。その可能性があることは明らかです。



以前に記事に書いたことを繰り返すかもしれないがこの問題は権利者サイド(制作者とかではなく団体の類)が自らの利益(著作物が生み出すものではなく別のところからもカネというのは発生するものだ)を一番に考えていることが原因だと思われる。一部の人間が自らの利益のために多くの人を犠牲にするかもしれないのだ。これに対して黙ってはいられない。

もう一度自覚してほしい事はダウンロード違法化が適用されればネットユーザーは皆「犯罪者予備軍」になってしまう。このことを肝に銘じておくべきだ。

最後にダウンロード違法化が成立してしまえば更なる規制強化が待っている。音楽や映像にとどまらず、文章など他の分野にまで広がる恐れがある。小説の一節が含まれたメールを受け取っただけでアウトになってしまう恐れがる(ネットユーザー団体「MIAU」設立でのぷりんさんのコメントより)。そんなことは絶対にさせてはならない。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/182-6b8a6498
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ダウンロード違法化」についての最新ブログのリンク集

ダウンロード違法化 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。