title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東芝、HD-DVD撤退へ

すでにネットだけでなくテレビなどで取り上げられて多くの方が知っているかと思われます。
東芝がHD-DVD事業の撤退をするとみられています。

損失は数百億円にのぼるとみられ、HD-DVD事業から完全撤退する方針を固めたとのことです。

参考リンク
ITmedia
GIGAZINE

このブログでも何度か次世代ディスク戦争について紹介してきました。
次世代ディスク戦争ついに決着か
上の記事で紹介しているように大手の会社がBlu-rayに移籍したのを受けて小さな会社がどんどんHD-DVD陣営から撤退していったのが今回東芝がHD-DVD事業から完全撤退することを固めた理由のようです。

そもそもソニー、パナソニック、シャープの三大手に東芝一社での戦いは勝敗が目に見えていました。敗戦濃厚となり撤退したのは遅くなかったはず、もっとずるずると行ってしまえば損失は一千億円以上になってしまったかもしれません。そういう点では東芝は決断が早かったと思います。

しかし東芝がHD-DVDを支持する理由が思いつきません。もともと開発していたことは理由になるでしょうが、ソニー、パナソニック、シャープの三社がBlu-rayを支持しPS2の後継であるPS3がHD-DVDではなくBlu-rayを搭載していることからも負けはほぼ明らかでした。では東芝はいつHD-DVD規格をやめBlu-rayに統一すればよかったのでしょうか。映像会社が次々にBlu-rayを支持した時でもありませんし、日本での普及率が1割に満たないことを知った時でもありません。HD-DVDとBlu-rayの規格統一の交渉が決裂した時です。その時にBlu-rayに一本化すれば東芝の数百億円の損失はありませんでした。といっても東芝がBlu-rayを支持していた未来を仮定するとBlu-rayレコーダーの値段がここまでは下がっていなかったでしょうから消費者にとってはいい競争になったのではないでしょうか。

とりあえず次世代ディスク戦争はこれで幕を引きそうです。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/183-7b7add82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。