title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パソコンを購入する際の注意点その2

前回パソコンを購入する際の注意点を列挙しましたが、今回はパソコンを購入するうえでどうすれば安く買えるのか、パソコンの値段を構成するものに対して知っておくべきことなどを書きます。

続きを読むから書きます。

【目的】
パソコンは高価なものです。一台10万円を超え20万円近くするもの、それを超えるものまであります。それほど大きな買い物をするのにそれに対しての知識がないのはあまり好ましくありません。なるべく予算以内で自分に必要なものを買うためにはどうしたらいいのでしょうか。

【原因】
パソコンは何によって値段が決まるのか。
スペック、ソフト、ブランド、の3点が大きいと思います。スペックはCPU、GPU、HDD...ソフトはVista、オフィスソフト...ブランドはそれぞれの会社がつけている機能(たとえばVAIOランチャーとか)

ノートパソコンだとモニタのサイズや厚さ、軽さ...などの追加要素もありますが今回は無視します。

【詳細】
・スペック
CPU:処理速度
GPU:映像処理速度
メモリ:処理容量
HDD:データ容量

これらは相互に影響し合う事もある。
CPUはパソコンの処理能力に大きく影響する。なるべく高性能が良い。
GPUは画像、映像処理のみに大きく影響する。3Dゲームやマルチディスプレイなどをしない限りはそれほど高性能でなくともよい。
メモリは処理容量、つまり処置能力に影響する。良いCPUを使ってもメモリが不足していると処理がそれほど速くならないこともある。例えるなら高速道路で渋滞している感じだ。主観であるがXPなら1G、Vistaなら2G以上が望ましい。
HDDはデータ容量である。容量が大きいデータは映像だ、画像や音声に比べてはるかに大きい。そのためHDD内に映像をたくさん保存するなら大容量、そうでないならそれほど大量には必要ないといえる。
スペックに入れておくが、かなりいい値段するのがモニタだ。モニタに関しての選択は個人の主観だが大画面モニタを使用し解像度を上げるとそれなりにGPU性能も要求される。

・ソフト
OS:オペレーティングシステム、XPとかVista。Mac
オフィスソフト:ワープロ、表計算、プレゼンテーションソフト
セキュリティソフト:アンチウイルス、ファイヤーウォール
その他ソフト:簿記など
説明は不要で必要ならば購入し、そうでないなら買う必要はない。

・ブランド
富士通、ソニー、シャープ、パナソニック...など日本の家電一流メーカーの製品はBTOに比べて高い。それは販売メーカーが自社製品(ソフト)を付属させ販売しているためである(ブランド化)。しかし今まで日立、ソニー、NECなどのパソコンを見てきた(ソニーやNECは持っていたわけではないが)かぎりまず必要なソフトが見当たらない。便利なソフトがあったとしても重たかったりする(低スペックなだけかも知らないが)。

【結論】
パソコンを購入するなら必要のないものは排除すべきです。それではどうしたら安く必要なパソコンが購入できるのでしょうか。
まず、電気屋で購入することは避けること。既に完成された製品であるからです。例としてTVをパソコンで見ないのに地デジチューナーは必要ないでしょう。自分の条件を満たしさらに不必要なものは全くないなんてものはめったにありません。
ということは必然的にBTOもしくはそれに近いものが必要です。BTOとは元の製品のCPUなどを選択肢から選択して発注し組み立てられ発送されることととらえて問題ないでしょう。
BTOの最大手といえばDELLでしょうか。BTOは自分に必要なものだけのパソコンを購入するのに簡単な方法です。自作するということもできますがパーツを自分で集めることや組み立て、保証なしなどを考えると一般人向けではないでしょう。


長くなりそうなので続きは次回に、次回は例をあげて説明していきます。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

【結論】について

はじめまして。貴ブログは、コマンドプロンプトやレジストリのスペシャルカスタマイズのTipsかと思い、見てみましたけれども、どうやら私の思い違いのようです。

結論に少し意見します。それは、PCのスキルが中~上級者向けのハード本体の選び方だと思います。なぜなら、「再インストール手順程度は当然理解していること」を前提としているからです。従って、その選択方ですと、ハード搭載ソフトウェアの構成がシンプルなので、メンテナンス性に優れカスタマイズはやり易いです。

逆に言うと、ちょっとしたソフトでも、いちいち高額なリテール版を買ってきて、セットアップとメンテナンスをしなければならないので、パソコン初心者の方は、とても煩わしい事になりますから、気軽にミックミクプレイするまで嫌になってしまうかもしれません。

特に、ゲームとこのジャンルのソフトは、OS以後のドライバやサービスパック、fixのセットアップ手順違いで、PCの動作に対する効果は変わりますから、それらをセットアップする前には要注意です。

確かに余計なソフトが沢山入っているホームユーザー向けのメーカー製PCは、邪魔で嫌だと言えそうですけれども、試用版ソフトを除けば、OEM版のソフトを安く揃えて初期セットアップ済みだと考えれば、そんなに悪くは無いです。

私は、PCスキルの初心者には、「量販店や BCNランキング で売れ筋のメーカー製PCを薦める」ことは、無難な選択だと思います。

FOXたろうさん意見ありがとうございます。

たしかにPCに対して全く知識のない人に対しては電気店で買ったほうが店のサービスなどもあり安全であり購入者は安心できます。それに対しては異論ありません。

しかし私は当ブログを見ている方はそれなりの知識を持っているものと考えており、その人達に少しでも有益な情報をと思いこの記事を書きました。

ブログタイトルに関しては響きでつけたようなものなのであまり突っ込まないでいただきたい。裏技とあるのにほとんどがニュースとツールの紹介ブログであるのは私も自覚しています。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/196-6adfb5e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。