title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vistaの辞書

Microsoft Office IME 2007(Office2007を入れているパソコンの辞書)を使用していると漢字変換をすると動作が重いような感じがすることはありませんか?
実際私もCPUがビジーでないにもかかわらず変換が遅く何度もイライラしてきました。内心「なんで遅ぇーんだよ」などと思っていました。

変換の度にフリーズのような状態になるのは御免ですよね。そこで今回この問題を解決する方法を紹介します。

それでは続きを読むから

【原因】
Microsoft Office IME 2007そのもの
Microsoft Office IME 2007では広い範囲を検索するため(登録辞書が多い)時間がかかる。

【解消方法】
その1
Microsoft Office IME 2007を使用しない。別の辞書を使う。
1.言語バーのオプションから設定を開いてください。

2.テキストサービスと入力言語が開かれ既定の言語をMicrosoft Office IME 2007意外に変更してください。Microsoft IMEと表示されるはずです。(なぜ俺のには日本語しかないんだ!?そんな人はその2を試してください)

3.適用もしくはOKを押したら完了です。

その1の欠点はMicrosoft Office IME 2007の機能(予測変換とか)を生かせないことです。Microsoft Office IME 2007を使用したまま変換速度を向上させる方法があります。

その2
Microsoft Office IME 2007の一部の辞書を削除する。
変換を重くしている辞書を削除し動作を軽快にする。Microsoft Office IME 2007ではOutlookの連絡先住所などが追加されこれが原因となっている、しかもほとんどの人が使わないであろう。
1.言語バーからプロパティを開く

2.辞書学習タブのシステム辞書のOutlook~をすべて削除します。4つほどだったと思います。
個人的には顔文字(いい顔文字がほとんどない)、単漢字(あまり使わない)、郵便番号辞書(画期的だと思うが使わない)なども必要ないと思います。

3.適用もしくはOKを押して終了です。


その2で十分に速度が向上しました。少なくとももっさり感はかなり減りました。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/199-7fe21b59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。