title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows Vista SP1を検証してみた

昨日お伝えしたWindows Vista SP1がダウンロードセンターで公開にというニュースを受けて「実際のところ導入したらどうなの?」という疑問が浮かんだのでWindows Vista SP1を検証してみた(ITmedia)を参考にパフォーマンスがどうなったか検証してみました。

簡易的な検証なのであまり期待しないでください。

続きを読むから結果を発表します。 【マシンスペック】
OS:Windows Vista Home Basic
CPU:E6300(1.86G×2)
メモリ:2GB

【検証方法】
システム構成にてMicrosoft以外のサービス、スタートアップすべてを無効にし再起動をしてから検証した。また、検証するごとに再起動をした。

【検証項目】
・ファイルコピー速度
・OS起動時間
・再起動時間
以上の三項目

【結果】
・ファイルコピー速度
1.13GBのjpgファイル3687個を同じドライブ内にコピーした。
SP1適用前 5:40秒
SP1適用後 4:28秒

6.46GB ISOイメージファイル1個を同じドライブ内にコピーした。
SP1適用前 10:28秒
SP1適用後 09:58秒

・OS起動時間
シャットダウン後起動しデスクトップ画面が出るまでの時間。
SP1適用前 54、54、55秒
SP1適用後 58、58、58秒

・再起動時間
再起動してからデスクトップ画面が出るまでの時間。
SP1適用前 57、56、60秒
SP1適用後 65、62、62秒

【結論】
ファイルコピー速度は大量のファイル、大容量のファイルともにSP1のほうが早くなっている。大量のファイルをコピーすると21%もパフォーマンスが改善している。
しかし、OS起動時間、再起動時間ともに4~5秒程度遅くなっている。また、スリープからの復帰は時間計測が難しいため行わなかった。

パフォーマンスに関しては良くなったのか悪くなったのかよくわからない結果になってしまったがとりあえずコピー速度は上がったという認識でいいだろう。


余談だがSP1を導入する際必要な「Windows Vista 用の更新プログラム(KB935509)」を私のHome Basicには導入することができなかった。Home Basicユーザーはダウンロードセンター経由でないとSP1を導入することはできないかもしれない。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/207-20ed95a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。