title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音楽を管理するならiTunes

皆さんは音楽ファイルをどんなソフトで管理していますか。Windows Media Audioが一番多いと思いますが、今回はiTunesというソフトを紹介します。

iTunesはAppleのソフトでiPodに音楽を入れるツールとして利用されますが、実は管理機能が優秀なのです。

ダウンロードはこちら
インストールは簡単なので説明を割愛させていただきます。

便利な使い方は続きを読むから

まずライブラリに曲を追加します。追加した曲は様々なアーティストだったりジャンルだったりします。それらをアーティストで分類したり、お気に入りの詰め合わせに分類したりしたいですよね。そこでプレイリスト、スマートプレイリストという機能が役に立ちます。
ファイル→新規プレイリストからプレイリストを作るとプレイリストというところに追加されます。まずは名前を決めます、「お気に入り」だったり「iPod」だったり自分が集めたい種類の名前を入れるといいでしょう。あとはライブラリから入れたい曲をD&Dすれば完了です。

お気に入りのアーティストの曲を入れたりするときはスマートプレイリストがなお良いです。スマートプレイリストはキーワード等を入れることによってライブラリから自動で検索しリストに追加してくれます。新譜などを買ってiTunesに入れたときにわざわざプレイリストに入れなくてもスマートプレイリストなら「ライブラリ」に追加した時点でリストに追加されます。
例)好きなアーティストのリストを作る場合
1.ライブラリに曲を追加します。
2.ファイル→新規スマートプレイリストからリストを作成。リスト名をアーティストの名で保存
3.スマートプレイリストを編集。これはファイルからでも右クリックからでもできます。
4.「すべての」ルールに一致にしてアーティスト名→「アーティスト名」を記入し「である」にする。
5.OKを押して終了。
これでこのアーティストの曲はリストに追加され、あとからiTunesに入れた曲も自動で追加されます。

またiTunesはエンコード機能やイコライザなどの機能がありますがまたの機会にします。今回は入門編みたいな感じで。

最後にiTunesにもデメリットが存在します。(いま思いついただけで)2つあり、管理しやすいと言っても元のファイルにきちんとデータが入力されていないといけないのが一つ。もう一つは起動が遅いということ、私の使用しているPC(1.86GHzの2コア、2Gメモリ)でも5秒くらいかかります。スペックの低いPCではいらつくかもしれません。それでもWMAよりましかな。

もう一つありました、それはファイルを移動したりすると「見つかりません」と出てそれに関連付けるのがめんどくさいです。ですからライブラリに追加するときにはもう移動しないようなフォルダに入れておくのがベターです。
移動しても自動検索してくれる機能があったら便利なんですけどね。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/21-0647a1f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。