title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイドキュメントの移動

マイドキュメントをはじめ、マイミュージック、マイピクチャなどユーザーが使いやすいように分類するための領域がWindowsにはあります。Vistaではそれぞれ「マイ」が付かなくなりましたがわかりやすく説明するため「マイ」を付けることにします。

皆さんが使用しているPCの多くは複数のパーティションに分けられているかと思います。ほとんどの場合CとDドライブが用意されCにはOS、Dにはユーザーデータ又はバックアップという役割だと思います。「マイ~」は標準でCドライブ内に作られています。ですがCドライブはOSがインストールされておりPCの挙動はこのOSによって左右されます。例えばOSのインストールされているHDDの読み込み速度が速い場合PCの挙動も早くなります。そのためOSがインストールされているドライブは早いほうが望ましいのです。逆に言うと遅くなってはいけないのです。遅くなる原因の一つとして「ファイルの断片化」があげられます。

なぜ最初にマイドキュメントの話をしたのか、お分かりの方もいるかもしれません。ユーザーが使用するデータは読み込み、書き込みが頻繁に行われています。動画をダウンロードして見て削除したことを例にしても頻繁にアクセスしていることがわかります。頻繁にデータを読み込み書き込みすることによってファイルは断片化されます。

今回はユーザーが使用するデータだけでも断片化の原因にならないようにCドライブからDドライブ等へとマイドキュメント等を移動する方法を紹介します(Cドライブの領域を空けるという効果もあります)。普通に(カットしてペーストで)移動すればいいんじゃない?と思うかもしれませんがWindowsに関連付けされているのでそう単純ではありません。意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

単純にCドライブを空けたい、Dドライブが容量大きいから移動したいという動機でも結構ですので断片化は理由の一つに過ぎません。

続きを読むから紹介します

マイドキュメント等を移動する方法

1.移動するフォルダの移動先を作成します。例えばDドライブに「ユーザー名」というフォルダを作成しその中に「ドキュメント」、「ミュージック」といったフォルダを作成します。

2.移動したいフォルダが置いてあるフォルダを開きます。デフォルトでC:\Users\ユーザー名

3.移動したいフォルダを右クリックしプロパティを開きます。

4.「場所」というタブがあるのでそれをクリックします。

5.「移動」を選択し先ほど作ったフォルダを選びます。

6.フォルダ内のすべてのファイルを移動しますかと聞かれますので「はい」か「いいえ」を選んでください。できるだけ「はい」を選んだほうがいいでしょう。

7.ファイルの移動が終わるまでしばらく待ちます。

以上でフォルダの移動が終了しました。

これである程度の断片化は防ぐことができますが、だからといって体感速度に影響するかはわかりません。Cドライブに空きが無い状態でやるとマシになりそうですが大容量HDDの時代にそういった状態に陥ることはあまりありません。ですがやると精神的に安心します(笑)

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/230-4839ae68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。