title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HDDのお話

今回はHDDについて書きたいと思います。

前回パーティションについて少し触れました。今回はもう少し説明を書きます。

パーティションは2種類あります。複数のHDDで区切る物理的パーティション、一つのHDDを仮想的に区切る論理的パーティションです。
物理的パーティションは複数のHDDで構成されていることが必須で論理的パーティションは一つのHDD内で行うことが基本です。主にパーティションというと論理パーティションとして使われていることが多いです。

話は変わりますがHDDは消耗品です。当たり外れもありますしPCを構成するパーツの中では最も壊れやすいとも言われています。そのHDDには重要なデータがぎっしりと詰まっています。
例えばメモリが故障してしまっても交換さえすれば元通りになります。しかしHDDはそうはいきません。それだけデリケートな部分なのでHDDのトラブルに備えたちょっとしたテクニックを続きを読むから紹介します。

1.HDDを複数個用意し常にバックアップを取る。
これで物理的なトラブルは解決することが多くなります。

2.論理パーティションを使用し障害が起こったときに被害を軽減する。
例えばCとDドライブがありCドライブで障害が起こってもDドライブには影響しません。


1はバックアップの基本です。しかしノートPCやデスクトップでも増設できないものやお金に余裕が・・・という人もいるでしょう。ですので今回は2についてもう少し説明します。

何らかの原因でOSが起動しなくなったことがある人は少なくないでしょう。その場合セーフモードを使用したりシステムの復元を使用したりしてほとんどの問題は解決できます。ですが稀にどんな手段を講じてもOSが起動しなくなるトラブルというものがあります。そんなときはOSの再インストールが最終手段です。論理パーティションで複数のドライブに区切っておけばOSの再インストールの時でもOSのドライブ以外は無事です。もしCドライブにすべてのデータが入っていたならば再インストールすることによってすべてのデータが無くなります。

では具体的にどうすればよいのでしょうか。
最も良い方法はOSのインストール時に区切ることです。C,D,Eと最低三つのドライブを作成しCにはOSのみ、DにはDにインストールできるすべてのアプリケーションのインストール、Eにはユーザーデータと分ければ万が一OSが起動しなくなって再インストールしてもほとんどのデータが助かります。
ですがこの方法はすでに重要なデータが入っているPCには使えません。新しくPCやHDDを買った人にしかできません。

使用しているPCのパーティションの変更方法はコントロールパネルにあるコンピュータの管理からできますがこれにも限界があります。なぜならすでにディスクのさまざまな部分を使用しているからです。そのため大きい領域を確保することは困難です。ですのでパーティションでCドライブから分割したドライブ、圧縮したドライブなどの中で最も大きいドライブをユーザーデータ用として使用するのがお勧めです。こうすることによって最低限ユーザーデータだけは守られます。Dドライブに十分な空きがある場合はこうする必要はありません。(体験談としてデフラグ、フリースペースのデータの抹消を行ったら分割できる領域が大きくなりました。)

次にユーザーデータを移動するのですが前回書いているので割愛します。

今すぐには役に立たないかもしれませんがOSのインストール時に三つ以上に分けることのメリットを知っておくことは後々役に立つかもしれません。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/231-fd15a5d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。