title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダビング10と補償金制度について

かなり前からコピーワンス(録画したデータをDVDにムーブしたら元データが消える)からダビング10(9回までのコピーが可能、孫コピー不可)へ移行することが決定していたにもかかわらず、補償金について権利者側とメーカー側の折り合いがつかずダビング10が延期になったことは昨日今日のニュースだ。

もともとダビング10は利用者がコピー制限を感じずに、権利者を守る(大量にコピーし販売することを防ぐなど)ために現在のコピーワンスから6月2日に移行が決まっていた。しかし、これとは別の「補償金制度」の問題でダビング10の導入が延期にされた。

補償金制度は新たに携帯デジタルオーディオプレイヤーやHDDレコーダーを対象とする。この制度が導入されれば製品の価格は上昇する。メーカー側は1台数百円~1000円ほどの支払は値上げしない限り不可能である。そのためこれにメーカー側が反発。権利者側との意見が一致しなかった。

権利者側はこれに対し、ダビング10と補償金はセットであるとし、補償金に合意できなければダビング10も見送ると「ダビング10を人質に」とった格好になった。そのため6月2日に導入予定だったダビング10が延期された。

今現在ダビング10がいつ導入されるのかなどのめどは立っていない。

これらの問題に関係するニュースは以下から
「地デジに補償金不要」8割
ダビング10先送りで「五輪商戦」に水?
「ダビング10延期」問題で会見へ
「ダビング10」6月2日開始は絶望的

コメント

記憶の淵からもどってきたぜ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/277-a23c7b68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。