title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「権利者こそが消費者重視、JEITAは見習うべき」

「権利者こそが消費者重視、JEITAは見習うべき」――補償金問題で権利者団体が会見
という記事がありました。

感想としては「何を寝ぼけたことを言ってるんだ」と思いました。

本当に消費者のことを考えているならダビング10開始が決定で私が書いた「ダビング10が導入されたなら補償金は撤廃、補償金制度を続けるならコピー制限は無くさなければならない」のどちらかを選択しなければならないでしょう。でも権利者はそうはしません。

「補償金はユーザーが負担することになっているが、日本では実質的にメーカーが負担している」

とあるが、補償金が大きな損失になるのであれば各社一斉に値上げするだろう。

「補償金がなくなれば、創造のサイクルが生み出す利益に、メーカーがフリーライドする状況になる。知財立国を掲げる日本で、上場し、優れた機材を輸出するメーカーが、単に『自分だけがいい』ということでいいのか。そうなれば最終的に創造のサイクルが壊れ、社会が文化的に貧しいものになってしまう」(菅原さん)

権利者のほうが自分のことをしか考えていないように思いますが。ちなみにこの菅原という人物、JASRACの常務理事である。お前が言うな。権利者でなく著作者にきちんと分配できる制度を作ってから言え。

iPod課金で揺れる携帯音楽プレイヤーの補償金問題ですが、CDには補償金は含まれていないそうです。しかし値段に付加すればいいと思うのは私だけでしょうか。もちろんJASRACに入るシステムでなく著作者にダイレクトに入るシステムです。これなら消費者も納得するのではないかと思うのですが。

コメント

最近って、
「ダウンロードが違法化」
など、ちょっと厳しい法案がかなり上がって来てますよね・・・
私には、あまり関係ないですが、
何故此処まで厳しくするんでしょうかね・・・

ダウンロード違法化って。。

ダウンロード違法化って変ですよ。
ストリーミングサイトはOKなんて、、、
みんなストリーミングサイトからダウンロードしているのに。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/295-d4ce0eac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。