title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

OCNで通信制限

 NTTコミュニケーションズは6月25日、個人向けのOCNネット接続サービスで8月1日から、上りデータ転送量を制限すると発表した。

 FTTHとADSL回線のユーザーで、1日の上り転送量の合計が30Gバイト以上になった場合が対象。対象のユーザーには転送量を減らすよう警告し、改善されなければ利用を停止する。契約を解除することもあるとしている。下りの転送量には制限はない。
ITmediaより

詳細は以下から
個人向けOCNサービスにおける大量データ送信制限の実施について

下りの転送量(ダウンロード)は関係なく上りの転送量(アップロード)が一日30GBを超えると制限の対象になり警告後改善が見られない場合は解約させられるとのことです。

今回の通信制限はP2Pを対象にしているわけではないとしているが、まさに狙いはそこだろう。大きな問題は大容量高速通信の時代にそのような制限をするという姿勢である。大容量ファイルを高速通信する技術が開発されている中、時代を逆行するこの制限はどうだろうと思う。
たしかに30GBものデータをアップロードする人はほとんどいないだろう。しかし時代の流れに逆らうことは企業としてどうなのか、まず設備の増強をするべきではないのか。そんなことを考えさせる問題だ。

あと、サーバーを運用している人はISPを変えたほうがいいかもしれない。

Q19.動的IPアドレスで(ダイナミックDNSを利用して)サーバを運用しているが、制限の対象となりますか?
A19.お客さまのデータ送信量が1日に30GBを超えた場合には、制限の対象になることがあります。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/296-e37207fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。