title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

B-CASが廃止に

 総務省の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委員会)」は9月26日、地上デジタル放送のB-CASを見直すことを決めた。6月にまとめられた第5次答申では「消費者や権利者の立場からB-CASについてさまざまな指摘が行なわれた」ことを理由に廃止の方向を打ち出している。放送局も反対していないので、B-CASの廃止が事実上決まった。
ACSCII.jpより


B-CASの制度や問題等についてはWikipedia B-CASを参照してください。

GIGAZINEでも何度か取り上げられています。

地デジの利便性を損ない、普及を妨げる原因となっている謎の私企業「B-CAS社」に行ってきました
地デジで有名な「B-CAS」の財務状況が明らかになったので税理士に鑑定してもらいました


B-CASについては批判的な意見を持っている方が多いでしょう。利用者の利便性を損ねる「邪魔」なだけのものですからそれが廃止されることは利用者にとって嬉しいことでしょう。
しかしながら廃止の時期やその後の制度については現時点では全く分かりません。

いずれ地上デジタル放送がコピーフリーとなる日が来るのでしょうか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/341-9caf29d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。