title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詳細表示できるタスクマネージャ Process Explorer

今回はWindowsに標準搭載されているタスクマネージャよりも高機能で詳細表示できるタスクマネージャを紹介します。


【ソフト名】Process Explorer
【動作環境】Windows
【作者のHP】Sysinternals
【特徴】
・標準のタスクマネージャで表示できない項目などを表示
・プロセスごとの詳細表示が可能(CPU使用率の推移、ロードしているDLLの表示等)
・プロセスのツリー表示
・標準のタスクマネージャと置き換えることが可能

日本語化と導入方法は続きを読むから

※日本語化するにあたりProcess Explorerを一度起動してしまうと日本語化、ファイルの移動がうまくいかない可能性があります。また、最新版と日本語化パッチのバージョン合わない場合もありますのでご注意ください。

日本語化と導入方法
1.Process Explorerからダウンロードしてください。
追記:リンクが正常に表示されないようです。URLコピペでお願いします。
http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896653(en-us).aspx

2.日本語化パッチからダウンロードしてください。

3.Process Explorerを任意のフォルダに解凍します。ダウンロードフォルダやユーザーフォルダはおすすめしません、動作不良の可能性もあります。Program FilesとかWindowsなどのフォルダが望ましいと思われます。

4.日本語化パッチを解凍し実行してください。

5.Process Explorerを起動してください。メニューバーなどが日本語表示されていたら成功です。

6.オプション→タスクマネージャと置き換えで標準のものと置き換えることができます。ショートカットやタスクバーからタスクマネージャを表示した際Process Explorerが表示されます。


表示項目などをいじってみると今まで見る事ができなかった部分まで見る事が可能になります。
Process Explorerに慣れると標準のタスクマネージャでは物足りなくなります。最初は慣れないかもしれませんが慣れたら非常に便利に感じると思います。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/396-91d3ef3d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。