title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7を試用してみた感想

本日から日本語のサイトでもベータ版の公開が始まりました。

さて二日前少しばかり苦労しながら7をインストール。正直ちょっと疲れました。

互換性だとかパフォーマンスのベンチだとかは他の人に任せるとして、7に対して感じた印象を中心に感想を書きたいと思います。



まずスクリーンショット






インストールしたのは64ビットです。

・外観
ほとんどVistaと同じですね。XP→Vistaというようなインパクトはありません。
スタートメニューが変わっていて電源を切るが標準ではシャットダウンになっています。
少し気になったことはタスクバーが太いこと、ガジェットの独立起動ですかね。あと「フォルダー」とか「ブラウザー」の表記は少し気持ち悪い。
ペイントが変更されている。

・操作性
予想以上に操作性は使いやすいように作られている。

これはほんの一例ですがタスクバーから複数開いているウィンドウをプレビューすることができるようになっている。今まではマウスではできなかった、それが直感的に操作できるというのが使いやすさにつながると思います。


またタスクバーが大幅に改良され通常のウィンドウにクイック起動の機能が追加されている(ON、OFF可能)。プログラムを設定すればタスクバーのアイコンから起動できるしアクティブにしたり複数起動していれば切り替えなども可能。設定しなければこれまでと同じように起動するとタスクバーに現れ閉じると消える。

・セキュリティ
Vistaのガチガチなセキュリティーは不評だったようで煙たがられている「UAC」も見直されレベルを4段階から選べるようになっていました。

・パフォーマンス
メモリ使用量は1GB弱、しかし常駐プログラムがほとんどないため正式版ではVistaとそう変わらないだろう(1.3GBくらい)。
システムが要求するスペックはやはりVistaと同等程度必要。ネットブックにも、と期待されているが満足のいく結果が得られるかは現時点では微妙だ。

ちなみに起動時間を計ってみた。
7→42秒
Vista→65秒
使い込んでいるためVistaが重くなっていることを考慮しても起動時間は早い。この環境ならば15秒は違うと思う。

・まとめとしての感想
OSとして非常に良くできていると感じる。一言で言うならVistaの悪いところを修正、改良したもの。
OSのインターフェイスが大幅に改良されているのでVistaの時もそうだったがXPから移行する場合違和感を感じると思う。逆にVistaからの移行であればスムーズに移行できると思う。
Vistaがベースとあって高い互換性を誇るようだが「ぴたすちお」が動かなかった。一年後に出たとしてもこういった愛用しているソフトが動かないのであればすぐに導入する気はなくなる。

要求されるスペックはVistaと同等なので古い機種からのアップグレードはあまり向いていないように思う。Windows7、これからの動向にも注目していきましょう。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/424-232cddb4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。