title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPUの交換をしてみました

PCの動作を速くするためにCPUを交換(換装)するのが手っ取り早いですがなかなか手を出せずは素人には敷居が高いような気がしますよね。管理人もその口だったのですが初体験ながらも交換してみましたのでその様子を記事にすると共に「意外と簡単なんだな」と思っていただけたら幸いです。

それでは続きを読むから紹介します

CPUの交換に必要なもの
・新しいCPU
・CPUグリス
・グリスをのばすための硬い紙など
・ドライバー
・やる気

交換するCPUです。Q6600というクアッドコアブームの立役者です。


CPUグリスです。銀粉入りで熱伝導が良いらしい。


CPUの箱の中に入っていたもの

・CPU
・CPUファン
・説明書

それでは交換したいと思います。

まずケースを空けます。


CPUを覆っているヒートシンクを外します。真ん中の黒くて四角いものがヒートシンクです。これをドライバーを使って外します(ものによっては真上にファンがあります)。


外すとこのようにCPUが出てきます。

レバーを掴み固定している金具を外します。


これでCPUを取り出す準備は出来ました。

次に新しいCPUを取り付ける前にグリスを塗ります。

グリスをのせてカードなどでのばします。(グリスの量はこれでは足りませんでした)



グリスを塗り終わったら古いCPUを取り出し、新しいCPUは向きに注意しながらのせてください。先ほどと同じ手順でレバーを操作し固定してください。


CPUファンの交換が必要ならば付属のファンを取り付けてください。
必要ない(取り付けられない)場合はこれまで使っていたものを使いますがCPUとの接触部にグリスなどが残っているのでそれを削り落としてから取り付けてください。

あとは逆の手順でヒートシンク(ファン)を固定しケースのふたを閉めるだけです。

うまくいけば電源を入れただけで立ち上がります。管理人はグリスの塗りが少なかったため電源を入れてもファンがフル回転するだけで立ち上がらなかったので一度取り出しグリスを追加したら起動するようになりました。

やってみると簡単でなんのトラブルもなければ20分とかからない作業でしょう。管理人は30分強かかりましたが。

勇気を出してやってみると幸せになれるかもしれません。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/425-02e0c6c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。