title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CPUを変えたらメモリのパフォーマンスが上がった

体調不良により更新間隔がだいぶ空いてしまいました。

さて、前回「CPUの交換をしてみました」で交換の様子を記事にしましたがその前後でベンチマークを取ってみました。するとメモリのスコアが1.5倍くらいに上がりました。CPUのクロック数が上がったためなのかデュアルコアからクアッドコアに変えたからなのかよく分かりませんがスコアは伸びたようです。

続きを読むから詳しい数値を載せます

・使用したベンチマークソフト
CrystalMark2004R3

・CPU
E6300→Q6600

・メモリ
PC2-4300 1GB*4

こちらがE6300での結果
CrystalMark : 67833
[ ALU ] 16548
[ FPU ] 17608
[ MEM ] 10042
[ HDD ] 9437
[ GDI ] 5231
[ D2D ] 1737
[ OGL ] 7230

こちらがQ6600での結果
CrystalMark : 128565
[ ALU ] 41479
[ FPU ] 45284
[ MEM ] 14460
[ HDD ] 9457
[ GDI ] 6433
[ D2D ] 2220
[ OGL ] 9232

CPUのスコアのALUとFPUが増加したのは当然としてメモリのスコアが1.44倍になっている。そこでスコアの詳細を見てみると。

Read : 4617.39 MB/s ( 4617)
Write : 2012.90 MB/s ( 2012)
Read/Write : 2015.50 MB/s ( 2015)
Cache : 13769.41 MB/s ( 1376)

Read : 5715.86 MB/s ( 5715)
Write : 2591.63 MB/s ( 2591)
Read/Write : 2591.38 MB/s ( 2591)
Cache : 35410.36 MB/s ( 3541)

リードもライトもキャッシュも上昇している。やはりCPUを変えたから上昇しているんでしょうがクロック数なのかコア数なのか2次キャッシュなのか…その全てかもしれませんが。

結論としてはCPUを高性能にしたらメモリもパフォーマンスアップするかもということです。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/426-b39c4468
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。