title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows7上で動作する仮想XPを公式にサポートすると発表

 米Microsoftは4月24日、仮想ソフト「Windows Virtual PC」のWindows 7版とその上で稼働するWindows XP環境「Windows XP Mode」を提供すると公式ブログで発表した。

 Windows XP Modeは、Windows 7搭載PCでWindows XP向けアプリケーションを稼働できるようにする仮想環境で、Windows 7への移行を検討している中小企業を支援する目的で提供される。

 ユーザーは、Windows Virtual PC上のWindows XP Mode環境に直接XP向けアプリケーションをインストールすることで、Windows 7のデスクトップから直接それらのアプリケーションを利用できるという。
ITmediaより

残念ながら一般人には関係のない話です。
世の中にはXPでしか動かないプログラムというのも少なからずあるわけでそれを使わなければならない環境の人にとって7へ移行しやすくするための措置なんでしょうが。MSはVistaが予想以上に普及しなかったため7を普及させようと躍起になっている印象を受けますね。
それにネットブックなんかに搭載されているXPもそうですが、なんとしてでもシェアを確保しようとしているように見えます。

ネットブックと言えば登場したばかりの頃は、ノートPCとの棲み分けで新しい分野を開拓していくだろうと言われていましたが、アメリカではノートPCの市場はネットブックに喰われかけているようで新たな分野を開拓するどころか市場の萎縮(販売台数は増えたが売り上げが伸びない)という結果をもたらしているようです。

話を戻しますと今回のニュースでMSがどれだけ7に期待しているかうかがい知れるでしょう。
ちなみに7上で動作する仮想OSソフトとXP Modeのβ版をまもなくリリースするみたいなので、7を入れている人は試してみるのも良いかもしれません(もしかしたらRC版と同時に出るのかも)。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/448-9923db07
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。