title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニコニコ動画とYouTube、JASRACに著作権料支払いへ

情報元ソース↓
ニコニコ動画とYouTube、JASRACに著作権料支払いへ

両サイトが著作権料を支払うことで両サイトへの該当する音楽のアップロードが合法になる。また著作権料に関して収入の2.0%を基準の軸にし協議してゆく。

以下私の意見と感想


 さすがJASRAC(笑)搾れるところから搾りとろうという考えが見え見え。ニコニコ動画も収入の2.0%は大きいだろうし。
 別に私は著作権料を払うなと言っているわけではない。JASRACが徴収するのがおかしいと言っているのだ。なぜなら徴収した著作権料の行方が不透明であるためだ(情報開示がされていない)。もっと言えば著作権保有者に対してきちんとした還元が行われていない(どのように、どのような基準で還元されるのかわからない)。そのため私はJASRACを一度解体すべきだと思う。そして新しい日本音楽著作権保護団体を設立し制度の改定をするべきだと思う(JASRACは日本音楽著作権協会、保護団体ではない)。それに伴い制度を変えるのだが著作権保有者一人一人に還元されるのは難しい。そのため 新団体が徴収→各レコード会社等に配分→所得に応じて、又は職種に応じて個人に配分 まだ間に足りないような気がするが大まかにこんな流れでいいだろうと思う(もちろん配分情報の開示などが条件であるが)。こういう制度を作ることによって製作者は創作意欲が今より上がるだろうし利用者も自分が好きなアーティストや作曲家などに還元されるのは喜ばしいことだと思う。
 「保護」団体を設立することでトラブルが起こった時に何もしてくれないJASRACと違い解消してくれる。また、JASRACは公共機関ではない(公益機関、つまり利潤を追求する法人)こういうものこそ国の管理下になければならない。そうでないなら権利団体などいらない。きちんと管理されていないのなら著作権など必要ない。
 本当に利権団体はどうしようもないと思う。自分たちの利益のことばかり考えて。きっと私は「JASRACを解体します」というマニフェストを掲げた党があったならそこに投票するだろうし、喜んで宣伝する。

最後に音楽家である平沢進氏が語った記事を見つけたので載せます。
JASRACを含めた音楽界への不満や実態が語られています。さらに著作権料などいらないとまで言っています。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

ITmediaの記事からきました。
それにしてもせめて「お金の流れの透明性」くらいは確保してほしいものです。
以前「らばQ」というサイトでもJASRACについての問題を記事にしていましたが、ここにきてまたメディアに取り上げられるとは・・・
社員さんはどんなふうに考えているのか知りたいです。

らばQ様の記事を見てきました

 著作権はいったい誰を幸せにするのでしょうか。今、ネット上で頻繁に規制を主張しているのは音楽業界や映像?(映画やTV)業界などですがはたして規制する必要はあるのでしょうか。
 Youtubeに映画が無断でアップロードされているとします。それをユーザーが見ます。これが制作側にとって不利益を生じるものでしょうか。私は逆に利益すら生じる可能性があると思います。なぜならアップロードされたものを見るということは映画館へ行って見ていない人ではないでしょうから、製作者にとってこれらのユーザーは商業対象ではありませんでした。しかしこれらのユーザー達の目にとまる機会が増え、もしかしたら映画のDVDを買ってくれるかもしれません。これが利益になるかもしれない理由です。
 逆に不利益になる場合を考えてみましょう。その場合とはアップロードされたものを見たためにDVD(映画館へ行っていない人を対象とする)を買わなくなって製作者側にいくらかの損失を与えれば不利益になります。しかしそうなるでしょうか。アップロードしたものを見るような人がDVDを買うでしょうか。買わないでしょう。もともと利益対象にならない人を規制してもだれも幸せにならないと思います。もちろんアップロードされたものを見たがためにDVDを買わなくなった人はいるかもしれません。しかし前述したとおり違法アップロードが宣伝になり利益を上げることができたのなら規制する必要はどこにもないと思います。
 またよくこんな言葉を耳にします。「お金を払わないで作品を利用するのは泥棒だ」。しかし著作権は著作者に対し金銭損失を保護する法律です。そういう解釈が一番適当でしょう。製作者は自分の作品を多くの人に触れてもらいたいのではないでしょうか。もしそのような機会がなければ一生買わなかったであろうCDや映画のDVDこれらに触れることができたのは違法アップロードのおかげだとしたら…これが完全に規制されるとこのような「出会い」が減り、制作者もユーザーも幸せになる人は少なくなるのではないでしょうか。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/62-a1988472
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。