title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Opera9.5beta版を日本語で使用する。

現在のOperaの安定版は9.24ですが、実は9.5というバージョンも存在します。ただしbate版と言ってまだまだ多くの不具合が残されている可能性や見つかっていない脆弱性があるかも知れないバージョンです。つまりユーザーにテスト使用してもらって不具合などが見つかったら報告してもらいそのたびにその不具合を修正してゆくのです。もちろん不具合があるかもしれないのはユーザーも承知の上で使用しなければならないので何かあっても何もしてくれません(何もないとは思いますが)。不具合の報告は義務ではないのでしなくてもよいですしOperaに貢献したいのなら報告してください。最近日本語で不具合を報告できるようになったので日本人にもやさしいです。

9.5bateは一番の魅力である独自のレンダリングエンジンを一年かけて改良しパフォーマンスは50%アップしたらしいです。若干苦手だった画像の読み込みもスムーズになったそうです。

普通にインストールすると英語でしか使用できません。日本語はおろか9.24でサポートされている言語のうち英語以外使用できません。

導入、日本語化の方法は続きを読むより

導入方法

1.Opera9.5bからダウンロードしてください。英語と書いてあるほうです。

2.インストールしてください。すべて英語ですが聞かれていることは日本語と同じ(はず?)です。Opera9.24などをインストールしている場合はprogramfileOpera9.5bなどと新しいフォルダにインストールしてください。でないと上書きインストールされる可能性があります。

3.以上で導入は終了です。

次にOpera9.5bを起動してください。すべてが英語になっているのを確認したのなら一度閉じてください。

日本語化(一部日本語化されないところがあるかもしれません。まだ私では確認取れていないのでたぶんないとは思いますが)

1.言語ファイルを用意します。言語ファイルからダウンロードするか、OperaをインストールしているのであればOperaのフォルダから用意します。ダウンロードする場合は日本語9.24をダウンロードしてください。Operaのフォルダから用意する場合はOperaフォルダ内localeフォルダのjaの中の「ja.lng」というファイルをコピーします。

2.Opera9.5bateをインストールしたフォルダに「ja.lng」を移動またはコピーしてください。

3.Opera9.5bateを起動します。Tools→Preferncesから設定を開いてください。Ctrl+F12のショートカットからでも開けます。

4.LanguageのDetailsを開いてください。

5.言語ファイルがある位置を指定します。Chooseから言語ファイルの位置を指定してOKを押してください。Operaのフォルダに直接入れたのならEnglishの横にあります。

6.戻った画面で言語を日本語にすれば終了です。ですがこのままでは英語になっている部分がありますのでOperaを再起動してから使用すれば日本語で使用できます。

以上で導入、日本語化の説明は終了です。

Opera9.5bateは使ってみて安定版のOperaよりも格段に速いというのが実感できました。さすがに一年もかけただけのことはありますね。何かしらの不具合が出るかもしれませんがあまり気にしない人なら使ってみるといいでしょう。

最後に↓をクリックしていただけたら幸いです。
a_01.gif
それでは、よいパソコンライフを

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://urawazapclife.blog119.fc2.com/tb.php/70-70b53ee6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | Home | 

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。