title

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近気になったニュース

パイオニア、薄型テレビ撤退へ
個人的には非常に惜しいですね。グッドデザイン賞を受賞した高級プラズマテレビKUROが姿を消すことになりそうです。パイオニアの技術者はパナソニックに異動するみたいですが多少採算性を無視したKUROに比べパナソニックではそういった高級機は製造されないんじゃないかなと思いますし。んー、もったいない。

公取委、JASRACに排除命令へ 私的独占で
去年の春でしたっけ?このブログでもニュースとして取り上げた記憶が。
どうなったんだろう?と思い出したのが1ヶ月くらい前だったでしょうか。独占状態の原因である包括契約を見直せと言われたみたいです。この巨大な利権団体は今後どうなるのでしょうかね。

Microsoft、Windows 7のエディションを発表

久々のニュース記事のような気もしますが、Microsoftが次期OSWindows7のエディションを発表しました。

Windows 7 Home Premium(コンシューマー向け)
Windows 7 Professional(中小企業向け)
Windows 7 Enterprise(Software Assuranceプログラム採用企業向け)
Windows 7 Home Basic(新興国市場向け)
Windows 7 Starter(一部のOEM向け)
Windows 7 Ultimate(“すべてを望む”ユーザー向け)
ITmediaより

中心となるのはHome Premiumになるようです。

Vistaは事実上Home Basic、Home Premium、Business、Ultimateの4つのエディションからの選択でしたが7はHome Basicを除いた3つのエディションからの選択になりそうです。

まだ価格は発表されていませんが7の開発が順調に進んでおり登場する日が近いことを実感しますね。

・関連リンク
GIGAZINE
Windows7を試用してみた感想

フルHDのムービーを低いCPU負荷でぬるぬる再生する方法

GIGAZINEで紹介されていた記事です。

フルHDサイズ(H.264+AAC、1920x1080)のムービーを低いCPU負荷でぬるぬる再生する方法

原理としてはCPUが処理していた作業をGPUが負担する事でカクカク感や音声の遅れを緩和できるというもの。

HDサイズの動画をスムーズに再生できない人は試してみたらどうでしょうか。

Windows7のベータ版公開 日本語版もダウンロードが可能

海外では9日に公開され、日本では13日に公開される予定です。

マイクロソフトは、次世代PC向けOSである「Windows 7」のベータ版について、MSDN・TechBeta・TechNetユーザーを対象に本日よりダウンロード提供を開始したわけですが、PC利用の豊富な知識を有する個人ユーザー向けに、日本では1月13日から公開する予定だそうです。

今回のベータ版ダウンロードは、開発者や企業のIT管理者、および自分でOSのインストールと現状復帰ができるユーザー向けに、開発段階の製品を評価、検証してもらい、マイクロソフトへフィードバックしてもらうことで、製品品質の向上を図ることを目的として実施するものとなっています。
GIGAZINEより


日本での提供は13日からとなっていますが実は日本では公開されていませんが日本語版はすでに公開されています。それが以下のリンク。

Windows7 Beta 32Bit(Japanese)

Windows7 Beta 64Bit(Japanese)

自分でOSのインストールから何まですべてできるという人は試してみてはどうでしょう?
管理人も試用してみて感想を書く予定です。

なお試用期間が定められており、通常で30日間、プロダクトキーの発行で8月1日まで使用できるとのこと。
こちらからどうぞ

Blu-rayにも「ハイブリッドディスク」が登場

テレビ番組制作を手がける共同テレビジョンという会社が、DVDとBlu-rayプレーヤーの両方で使うことができる「ハイブリッドディスク」を開発したそうです。

これは1枚のディスクにDVDとBlu-ray両方の記録層を作るというもので、DVDまたはBlu-rayプレーヤーが自動的にディスクを認識して再生できるとのこと。
GIGAZINEより

つまりBlu-rayが再生できればHD映像で再生され、そうでないならDVDの映像を再生すると言うことです。

ハイブリッドディスクといえばSACDとCDのディスクが思い当たりますがこれの映像版といった所でしょうか。例えばこのCDです。

気になるのは値段ですかね、GIGAZINEで紹介されている作品はどれだけ収録されるのか分かりませんが(追記:一枚あたり3時間弱程度です)単純計算一枚あたり9000円ですね。ちょっとお高い。
SACDと違ってBlu-rayはそれなりに普及していますから(認知度においても)無理にハイブリッドにしなくてもいいかなと。いや、お値段据え置きならいいんですよ。技術開発や生産で確実にコストは上がりますからその分が上乗せされなければハイブリッドにする価値はありです。
ただBlu-rayが再生できる環境を持っているのにDVD映像なんて正直必要ありません。そのDVD映像が価格に反映されていては嬉しくもなんともありません。しかしながらDVD版とBlu-ray版の二つの規格で販売するよりもトータルのコストは下がるんじゃないでしょうか。そのため価格が上がらないのならどんどんハイブリッドを採用するべきですけどね。

追記:コストが上がるのか下がるのかよく分からないですね。ハイブリッドはBlu-ray単体よりもコストは高く、Blu-rayとDVDの規格でそれぞれ出すよりもコストは下がるのではないかという予想です。

ダウンロードの違法化決定

本日行われた著作権法の改正案を議論する「私的録音録画小委員会」にてダウンロードの違法化が決定したそうです。
GIGAZINEより


来年の通常国会に提出され可決される見通しのようですが不明な点がいくつか。
・Youtube、ニコニコなどの動画投稿サイトはストリーミングだから対象外
・対象は音楽と映像のみ

実際には動画投稿サイトはストリーミングではなくダウンロードである。ローカルに保存されたそれをコピーまたはデータの一部を抽出した場合にはどうなるのだろう。
音楽と映像のみというのも分からない。ソフトウェア、漫画など他の著作物もあるのに。

まだまだ問題点がありそうですね。

PS3がアップデートで最新のFlashに対応

10月30日に提供される最新ファームウェア「バージョン2.5」は、大きな規模のものとなるそうです。その中の1つとしてH.264コーデックにも対応した「Flash Player 9」のサポートが挙げられています。

そしてこれによりブラウザで最新のFlash Playerを利用できるようになることから、YouTubeやニコニコ動画といった動画共有サイトの視聴も期待できる模様。
GIGAZINEより


ということらしいので、Youtube、ニコニコ動画などの再生やブラウザ上以外でFlashが再生できるようになるかもしれません。

去年の年末には.divxの再生が可能になったニュースがありましたがシステムアップデートによる大きな可能性を秘めているのがPS3の魅力の一つですね。


別の話になりますが今日はWindowsUpdateの日なので忘れずにアップデートしましょう。

詳細は以下リンク参照
MSが月例セキュリティ情報を公開、IEやExcelの脆弱性に対処
今日は毎月恒例「Windows Update」の日、全部で11件

新型PS3が発表 発売は10月30日

ソニーは10月30日から内蔵HDDを40GBから80GBに増量し、別売りだった振動コントローラー「DUALSHOCK3」と「グランツーリスモ5プロローグ SpecIII」を同梱した新型PS3を発売するそうです。価格は3万9800円。
GIGAZINEより


今年も新型PS3が発表されました。去年は40GB版でしたね。

HDD容量が80GBに増えコントローラーがDUALSHOCK3に変更になったほか「グランツーリスモ5プロローグ SpecIII」が同梱されるようです。
個人的にコントローラーがSIXAXISからDUALSHOCK3に変更になったのは微妙ですね。振動がいらないゲームをするときには軽いSIXAXISのほうが良いですからSIXAXISをわざわざ買う人も現れそうです。

Amazonでは40GBモデルの価格が跳ね上がっていますが在庫が少ないためでしょうね。
PS3の購入を検討の方は80GBモデルの発売を待った方がいいですね、40GBを買うにしてもです。80GBが出たら40GBは下がると思うのでその日まで待った方が吉です。
店頭価格は37000~38000円ぐらいなので35000円まで下がるかなと思うのですがアテにしないでください。

B-CASが廃止に

 総務省の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委員会)」は9月26日、地上デジタル放送のB-CASを見直すことを決めた。6月にまとめられた第5次答申では「消費者や権利者の立場からB-CASについてさまざまな指摘が行なわれた」ことを理由に廃止の方向を打ち出している。放送局も反対していないので、B-CASの廃止が事実上決まった。
ACSCII.jpより


B-CASの制度や問題等についてはWikipedia B-CASを参照してください。

GIGAZINEでも何度か取り上げられています。

地デジの利便性を損ない、普及を妨げる原因となっている謎の私企業「B-CAS社」に行ってきました
地デジで有名な「B-CAS」の財務状況が明らかになったので税理士に鑑定してもらいました


B-CASについては批判的な意見を持っている方が多いでしょう。利用者の利便性を損ねる「邪魔」なだけのものですからそれが廃止されることは利用者にとって嬉しいことでしょう。
しかしながら廃止の時期やその後の制度については現時点では全く分かりません。

いずれ地上デジタル放送がコピーフリーとなる日が来るのでしょうか。

最速のブラウザは?(最新版)

現在の主流ブラウザであるIE7、Firefox3、Opera9.5、Safari3.1そしてベータ版としてIE8、Firefox3.1、Opera9.6、GoogleChromeのページ読み込み、CSS、JavaScript、メモリ使用率についてのテストを行いそれらを比較している記事があります。
ライフハッカー 主要ブラウザ対抗スピードテスト(最新版)

結果のまとめ
 現在のブラウザにタブは欠かせなくなっている。そのため複数のページを開く機会が増えその速度が重要なものとなっているがテストの結果ベータ版はどれも表示速度が遅いという結果になった。Safari、Opera、Firefoxについては大きな差はなくこの中から選択することが快適なWebブラウジングにつながりそうだ。
 起動速度ではOperaが、CSSではSafariが、メモリ使用率ではFirefoxが他ブラウザを押さえている。この三つのブラウザにブラウジング速度の差はあまりないと思われる。そのためこの中から自分にあった機能性、操作性を持つブラウザを見つけることができればよりいっそうWebブラウジングが快適になるだろう(これらだけですべての人を満足させることはできないが)。


端的に言うとベータ版のメイン使用はよくない。自分が使いやすいブラウザをこの三つの中から選択できれば幸せになれる。

ちなみに管理人はSafariを試用してみようかと思いましたね。それとGoogleChromeはインストールしない方がいいです。半分近くスパイウェア。正規版になっても同じでしょうからいずれバッドウェアに認定されるかもしれません。

Back  | Home |  Next

アクセス数

   
   

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

アクセス地図

Firefox3 Meter

RSSフィード

アフィリエイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。